toggle
2017-12-06

171206 古民家での自由で立体的な暮らしを見て、設計が始まった。蔵前の住宅リノベーション【設計編2】


おはようございます。つみき設計施工社の河野です。昨日のブログ記事で、来週から内装工事が始まる住宅リノベーションを簡単に紹介させていただきました。

>171127【設計編】東京・蔵前の住宅リノベーション

僕の方からも少しプロジェクトのはじまりのお話をしたいと思います。

初めてのお打ち合わせ

初めてご相談をいただいたのは、1年半以上前だったかと思います。
山梨の古民家に住む4人家族。2018年の春に、ご実家のある蔵前へと家族みんなでのお引越しを考えておられました。伝統的なものづくりを生業にされているご夫婦で、ご実家の建物の1Fを工房として活用し、三階をリノベーションして住居にしたいとのご相談でした。

初めてのお打ち合わせでは、蔵前の現地にて、山梨のご自宅での暮らしについて、詳しくお話を伺いました。

十数年前に関東から移り住んだ山梨の山の中にある大きな古民家。大きな木の空間の中に、2階部分があり、奥の階段を上がり、、二階へはキッチンの上にある橋の様な通路を渡って、、、(なんと魅力的 !!)
お話を伺えば伺うほど、一度住まいの様子を実際に見させていただきたい気持ちになりました。

いざ、山梨へ

それから数ヶ月後。
河野家の飛騨高山への家族旅行の道すがら、山梨のご自宅を見学させていただくことになりました。緑に囲まれた、細い坂道を抜けると大きな古民家にたどり着き、Iさんご家族と再会することができました。

大きな古民家の空間の中に、家族の自由な時間が流れていました。
一階には、長年ご夫婦で使われてきた織り機や、数々のアンティークの家具が置かれていました。

一番奥の部屋から階段を上がると、吹き抜けのダイニングの上部へ。
ダイニングテーブルやキッチンを見下ろしながら、木で作られた橋を渡ると二人の子供たちのスペースが広がっていました。

働く場所、暮らす場所、遊ぶ場所が、一つ屋根の下の空間の中で、穏やかに繋がっていました。

スクリーンショット 2017-12-06 8.38.53

お昼を食べながら、ヒアリング

ダイニングでお昼を一緒にいただきながら、山梨での暮らし、蔵前の暮らしについて、ざっくばらんにお話をしました。

設計については、「色々見られてきたと思うので、お二人にお任せしたいです」と言ってくださるものの、お好きなスタイルやデザインなどを聞くと「シャルロット・ペリアン」の作品の載った雑誌を見せてくださいました。

少し余談になりますが、今年の10月にプライベートな休暇を取って家族でドイツを訪問しました。その際、ミュンヘンで訪れた現代美術館で、ペリアンの代表的な作品の一つ「プルリマブックシェルフ」の展示を目の前で見られたことは、予期せぬ偶然でした。

3835

ミュンヘンの現代美術館にて。本当に偶然、初めてのペリアン作品との出会い。

1時間ほどお話を伺ったあとは、古民家の周りを案内してもらい、山梨を発ちました。

一つ屋根の下で。

ご自宅の訪問を経て、私たちの頭の中は、これから始まるご家族の生活のイメージでいっぱいになっていました。この生活のイメージをどうやって、60平米ほどの空間の中で再編することができるか。山梨と蔵前。建物も周辺環境も全く異なるけれど、

「一つ屋根下の空間で、家族4人が自由に暮らす」

ことを、大切にしようと思いました。住む環境が大きく変わっても、子供たちにとっても、ご夫婦にとっても、ここで住むことが楽しいと感じる場所にしよう、と。こうして、設計のコンセプトが決まりました。コンセプトとは、生活のビジョンと言い換えてもいいかもしれません。

平面レイアウトのスケッチ、模型での検討を繰り返しながら、設計がスタートしました。>171127【設計編】東京・蔵前の住宅リノベーション )

このプロジェクトから妻の桃子も仕事に半分復帰、基本設計を中心になって行いました。以降の実施設計・施工設計は、私とスタッフの田中が中心になって行って行きます。いよいよ来週頭からリノベーションが始まります。納まりを描いたり、工程を組んだり、ともに構想してきた空間がこれから生まれるプロセスを想像して、わくわくしています。

また、ここで進捗をご報告したいと思います。

つみき設計施工社
河野直

***

求人のおしらせ

①施工パートナー・職人
つみき設計施工社では、業務のゆるやかな拡大に伴い、
一緒につくる職人さん・施工パートナーを募集しています。
大工さん、電気屋さん、水道屋さん、内装屋さん、etc..これから独立する方や、
一人親方の方など、もしつみきの活動や理念に興味を持って頂けましたら、
info◇tsumiki.main.jp(河野宛て)までご一報ください。ほとんどの現場が千葉県市川市周辺または都内で、
作り手と住まい手、互いの顔が見えるリノベーションの現場です。
まずは、お会いしてお話しするところから。
小さな現場や、応援のお仕事からでも、ご相談できればと思います。

②設計施工インターン
2018年1月以降からの長期インターン(期間2ヶ月以上)を募集します。
詳しい募集要項は後日公開しますが、興味のある方は、
info◇tsumiki.main.jp(河野宛て)までご一報ください。参考:こちらの夏のインターン募集記事
http://tsumiki.main.jp/?p=2549

***

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

◎つみきからのお知らせ

1. ご相談窓口はこちら

[ お問い合わせはこちら ]
[ 事前ご相談の様子はこちら ]

2. 求人のご案内

つみき設計施工社では現在、
① 長期インターン
②施工パートナーを募集しています。

[ 求人の詳細はこちら ]